中国人「古都ホイアン!かつて日本人、中国人が共存していた街アル。」 中国の反応

140130-1.jpg

会安古城(ホイアン)

会安古城(ホイアン)はベトナムの中央部の岘港市の郊外の秋盆河北岸にある。
岘港市まで30キロくらいで、昔は有名な東方の大きな港で貿易交流のため、中国、日本、南洋、更に、ヨーロッパの商船もよく出入りしていた。
会安で商売をしていた中国人と日本人が多く、中国人と日本人のそれぞれが住む通りを作ることが当局に認められた。


ホイアン -wikipedia-
ホイアン(越:Hội An・英: Hoi An, チュノム:會安)は、ベトナム中部クアンナム省の都市であり、ダナンの南方30キロ、トゥボン川の河口に位置する古い港町である。人口121,716人。ヨーロッパ人にはファイフォ (Faifo) と呼ばれたこともある。中国人街を中心に古い建築が残り、1999年(平成11年)に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコの世界遺産に登録されている。

コメント引用元
http://t.qq.com/p/t/344549081565747/14?&

続きを見る

-- Delivered by Feed43 service


Comments are closed.